物品保管サービス「利創庫(risoco)」(以下「本サービス」といいます。)の利用規約(以下「本規約」といいます。)を次のとおり定めます。

第1章 総則

第1条(本規約の適用範囲)
 本規約は、本サービスに関する、契約者(第4条に定める手続きにより登録された「契約者」を意味します。以下同じ。)と、運営管理者である阪神電気鉄道株式会社(以下「運営者」といいます。)及び倉庫業者である澁澤倉庫株式会社(以下「倉庫業者」といいます。)との間の権利義務関係及び本サービスの利用手続き等について定めるものであり、契約者、運営者及び倉庫業者に適用されます。
2 運営者は、契約者に対して本規約、運営者が別に定める規程及び約款(第3条第2項に定める「約款」を意味します。)を提示するものとし、契約者は、それらの内容に同意して本サービスを利用するものとします。

第2条(本規約の変更)
 運営者は、契約者の了承を得ることなく本規約の全部又は一部を随時変更することができるものとし、契約者はこれを承諾します。
2 運営者は、本規約を変更した場合には、契約者に当該変更内容及びその施行日を通知するものとし、当該変更内容の施行日以後に、契約者が本サービスを利用した場合又は登録取消の手続をとらなかった場合には、契約者は本規約の変更に同意したものとみなします。

第3条(本サービス提供者)
 運営者は、契約者に対してインターネット上で物品保管を依頼することのできるシステム(以下「risocoシステム」といいます。)を提供するものであり、倉庫業を営むものではありません。運営者は、第2項の方法により契約者と倉庫業者との契約の締結を媒介し、第3項の方法により契約者のために運送業務を運送業者(本条第3項に定める「運送業者」を意味します。)に委託して実施し、契約者からの利用料金の収納を行うほか、本サービスの提供に必要な行為を行います。
2 倉庫業者は契約者に対して寄託物の保管業務及び付帯サービス(第11条ないし第13条に定める役務を意味します。以下同じ。)(以下、寄託物の保管業務と付帯サービスを総称して、「倉庫業務」といいます。)を提供します。運営者は、倉庫業者と契約者との契約締結を媒介し契約に伴う手続事務を代理するものであり、倉庫業者の代理人として契約者と契約締結の手続を行い、倉庫業者が、risocoシステムを用いて契約者から保管の申込みがあった寄託物の引渡しを受けたときをもって、契約者と倉庫業者との間で倉庫業務に係る個別の契約(以下「個別契約」といいます。)が成立するものとし、倉庫業務に関しては本規約及び倉庫業者の標準トランクルームサービス約款(以下、「約款」といいます。)が適用されます。なお、本規約に定める内容と約款の内容に抵触又は矛盾が生じる場合には、本規約の定めが優先して適用されるものとします。
3 運営者は、佐川急便株式会社及び日本郵便株式会社(以下「運送業者」といいます。)との間で、運送業者が運営者に対して運送業務を提供することを内容とする契約を締結しています。契約者が運営者の定める方法により寄託物を運送業者に引き渡したとき又は契約者が運営者の定める方法により寄託物の返還を申告したときをもって、運営者は寄託物を運送する義務が生じるものとし、運営者は運送業務を運送業者に委託します。また、運送業者は寄託物を佐川急便(飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便)約款、又はゆうパック約款に基づいて運送するものとし、契約者はこれらに予め同意するものとします。
4 前三項にかかわらず、運営者、倉庫業者及び運送業者は本サービスの提供のために必要な範囲で第三者に対し業務を委託・請負等することがあります。

第2章 利用登録

第4条(契約者登録)
 本条第5項の契約者資格条件を有する本サービスの利用を希望する者は、本規約が適用されることを承認の上、運営者が定める必要事項(以下「登録情報」といいます。)を運営者に提供し、risocoシステムの登録申込みを行います。
2 運営者は、前項の申込みがあった場合、必要な審査を行った上で登録の承認・非承認を決定します。この場合、運営者は登録申込み者に対し、登録の承認・非承認を決定するために必要な事項を照会する場合があります。
3 運営者の審査に従いrisocoシステムへの登録が承認された者(以下「契約者」といいます。)は、risocoシステムの利用ができるものとします。
4 登録の申込みは必ずrisocoシステムを利用する者自身が行わなければならず、原則として代理人による登録申請は認められません(ただし、運営者による代理登録を除く。)。また、登録申込み者は、真実、正確かつ最新の情報を運営者に提供しなければなりません。
5 契約者資格条件は以下のとおりです。
(1)運営者指定のクレジットカード会社より発行され、日本国内で現に利用可能な、契約者本人名義のクレジットカードを所有し、これにより本サービス利用料金を決済できること、日本国内で現に利用可能な、契約者本人名義の銀行等の金融機関口座を所有し、これにより口座振替により本サービス利用料金を決済できること、又は、運営者の審査により、登録の承認を得ていること。
(2)運営者と連絡可能な、住所、電話番号及び契約者本人の電子メールアドレスを有していること。
(3)日本国内に居住しており、満年齢で18歳以上の個人又は国内に本店が登記されている法人であること。
(4)登録希望者が、過去に本規約の違反等により契約者登録の抹消処分をうけていないこと。
(5)反社会的勢力等(暴力、威力、詐欺的手法を駆使して、直接、間接を問わず経済的利 益を追求する集団、または個人であって、暴力団、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団、それらの者、またはそれらに類する者との共生者等、暴力的要求行為、法的責任を越えた不当要求行為等を行う者を意味します。以下同じ。)ではなく、かつ資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営ないし経営に、協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていないこと。
(6)その他、運営者が契約者登録を適当でないと判断する事由がないこと。
6 運営者は、第1項の申込みに対し登録を承認した際には、電子メールの送信により通知するとともに、運営者が契約者に対し、契約者ごとに割り当てた利用者ページ(以下、「My Page」といいます。)を開設することをもって承認を通知したものとします。なお、契約者は、定期的にMy Pageを閲覧するものとします。
7 運営者が、登録情報の申請内容に虚偽の事項が含まれていると判断する場合、申請内容が不適正なものであると判断する場合、いずれかの契約者資格条件を満たしていないと判断する場合、及び第18条1項各号の一に該当すると判断する場合、登録申込み者からの申込みを承諾しません。なお、運営者は登録申込み者に対して不承諾の理由を開示いたしません。また、登録申込み者はその結果に対して異議申立てはできないものとします。

第5条(個人情報の管理)
 運営者及び倉庫業者は、契約者の「個人情報」(平成17年4月1日施行の「個人情報の保護に関する法律」による。)については、運営者及び倉庫業者それぞれのプライバシーポリシーに従って取り扱うものとし、契約者はこれに予め同意するものとします。
2 運営者及び倉庫業者は、契約者の個人情報を本サービスの履行のために機密保持契約を結んだ第三者に提供する場合があります。 

第6条 (My Page)
 My Pageとは、契約者がrisocoシステムを通じて以下の申込みや登録情報の変更等を行い、また、管理者が契約者に通知等を行う、Web上の画面を指します。契約者はMy Pageから、次の申込みを行う事ができます。
(1)キット(専用ボックス、送り状等、保管に必要なもの)の購入
(2)ボックス(第8条第1項に定める「ボックス」を意味します。以下同じ。)の預入れ 
(3)ボックス及び個品(第11条第1項に定める「個品」を意味します。以下同じ。)の返還
(4)個品の登録
(5)個品のシュリンク作業
(6)個品の再入庫(第13条第2項に定める「個品再入庫」を意味します。以下同じ。)
(7)電磁的記録変換サービス(第11条第4項に定める「電磁的記録変換サービス」を意味します。以下同じ。)の申込み
(8)契約者の登録情報の変更
(9)その他本サービスにおいて契約者が利用可能なもの
2 契約者のメールアドレス、住所、電話番号等、登録内容に変更が生じた場合、契約者は直ちに運営者所定の手続き及び方法により、速やかにMy Pageから登録情報の変更を行うものとします。契約者による変更手続きの遺漏、遅延等によって契約者が被った損害については、運営者、倉庫業者及び運送業者その他本サービスの提供に携わる事業者(以下、これらを総称して「本サービス提供者」といいます。)は一切責任を負いません。

第7条(パスワードの管理)
 契約者は、自らが設定したパスワードの使用については、定期的に変更する等、自己の責任において適正に管理を行い、第三者に譲渡、貸与、開示等してはなりません。
2 契約者による、パスワードの使用の過誤及び管理不十分等による第三者の利用から生じた損害は契約者が負うものとし、本サービス提供者は一切の責任を負いません。
3 契約者はパスワードの盗難、第三者に利用されていることが判明した場合又はその疑いがある場合には、直ちにその旨を運営者に通知するとともに、運営者からの指示に従うものとします。

第3章 本サービスの提供方法

第8条(入庫、出庫(返還)の手続き・方法)
 契約者は、運営者の指定する専用ボックス内に物品(但し、別表1に掲げるものを除きます。)を自ら箱詰めしたうえ(以下、物品を箱詰めした専用ボックスを単に「ボックス」といいます。)、次項以下の手続き及び方法により、ボックスの倉庫への運送及び保管開始(以下「入庫」といいます。)の依頼並びにボックスの返還及び契約者への運送(以下「出庫」といいます。)の依頼が行えます。
2 契約者は、My Pageを利用して、次の手続きのもと、入庫及び出庫をすることができます。なお、倉庫業者は、契約者がMy Pageを利用することなく直接に倉庫業者に対し入庫及び出庫の依頼があっても、これに応じることはできません。
(1)入庫
① 契約者は、My Pageから、専用ボックス、送り状、説明書等その他本サービス利用に必要な物品により構成される「キット」の購入を申込みます。運営者は倉庫業者をして、前段の申込みの受領後、キットを契約者宛に郵送します。
② 契約者はキットに封入された説明書に従って、専用ボックスに物品の箱詰めを行います。そして、My Pageからボックス名称(箱名称)を登録のうえ、入庫申込みを行い、キットに封入された送り状をボックスに貼付け、所定の方法で運送業者を通じてボックスを倉庫業者へ送付します。但し、ボックスが別表2に定める性状の場合は、入庫ができません。
③ ボックスが倉庫業者に到着した時点から倉庫業者による保管業務が開始します。倉庫業者がボックスの入庫を完了した場合、電子メールでの送信及びMy Pageに表示する方法により、契約者にその旨を通知します。
④ 本サービスの保管期間は1か月とし、その間に出庫(返還)の申込み、第18条に規定する利用停止等がない場合は、保管期間を1か月更新し、その後も同様とする。なお、1か月とは歴月を基準とします。そのため、入庫日が月の途中であった場合、その月末日までを1か月とし、出庫(返還)の申込みの日が月の途中であった場合、その月末日までを1か月とします。
(2)出庫(返還)
① 契約者は出庫(返還)を希望するボックス名称(箱名称)、ボックスID(箱ID)をMy Pageから選択のうえ、出庫申込みを行います。
② 倉庫業者は①の申し込み後、速やかに運送業者に運送を委託し、契約者の登録住所又は契約者が指定する住所あてに送付する方法で、ボックスを引き渡し、個別契約は終了します。なお、契約者は、前段の方法のみによりボックスの引き渡しを受けることが出来るものとし、倉庫業者の事業所においてボックスを引き取ることはできません。
3 契約者は出庫したボックスにつき、再入庫の手続きができません。契約者が再入庫を希望する場合は改めてキットを購入のうえ、入庫手続きを申込むものとします。
4 寄託物の入庫・出庫、その他の倉庫業務はすべて倉庫業者又は委託した第三者が行うものとし、運営者に故意又は重大な過失がある場合を除き、運営者は一切の責任を負いません。

第9条(寄託引受けの条件)
 本サービスにおいて寄託の引受が出来る物品、ボックスの条件は、それぞれ別表1、別表2のとおりです。
2 運営者及び倉庫業者は、約款に定めがあるほか、別表1又は別表2のいずれかを満たさないと判断した場合は、寄託の引受けを拒絶することができます。

第10条(標準トランクルームサービス約款の適用)
 契約者と倉庫業者との間の倉庫業務にかかる個別契約に基づく権利義務の内容は、本規約で特に異なる定めをした部分を除き、約款に従うものとします。

第11条(書籍の個品登録サービス及び寄託物画像の電磁的記録変換サービス)
 契約者は、ボックス内の物品が書籍である場合(商品名:risoco books)に、当該ボックス内の個々の書籍(以下「個品」といいます。)のISBNコード等を電磁的記録として登録しMy Pageに表示させるサービス(以下「個品登録」という。)を受けることができます。
2 契約者は、My Pageを利用してrisoco booksを申込むものとします。その場合、契約者は、倉庫業者によりボックスが開封されることを予め承認するものとします。
3 倉庫業者は、契約者からrisoco booksの申込みがあった場合、善良な管理者の注意をもって、ボックスを開封しISBNコード又は雑誌コードの登録を行います。なお、ISBNコード又は雑誌コードの記載がない場合は、本の名称、著者名等の登録を行います。
4 契約者は、商品名「おもいでミマモルメ」を利用する場合、ボックス内の物品を電磁的記録に変換し、CDへの保存及びフォトブックを制作するサービス(以下「電磁的記録変換サービス」という。)を受けることができます。
5 契約者は、My Pageを利用して電磁的記録変換サービスを申込むものとします。その場合、契約者は、倉庫業者によりボックスが開封されることを予め承認するものとします。
6 倉庫業者又は運営者は、契約者から電磁的記録変換サービスの申込みがあった場合、善良な管理者の注意をもって、ボックスを開封し、寄託物の写真撮影を行い、画像を電磁的記録に変換します。運営者はその電磁的記録をもって、CDに保存又はフォトブックの制作を行います。
7 契約者は、前3項の電磁的記録変換サービスの成果物の品質について、一般的に公正妥当と思われる品質を逸脱しない限り、運営者に対して異議を申し立てることはできません。

第12条(個品のシュリンクサービス)
 契約者は、個品について運営者が予め定める方法でビニールにより梱包するサービス(以下「シュリンク」といいます。)を利用することができます。但し、シュリンクを利用する場合には、前条に定める個品登録が必要です。
2 契約者は、My Pageを利用してシュリンクの利用を申し込むものとします。その場合、契約者は、倉庫業者によりボックスが開封されることを予め承認するものとします。
3 倉庫業者は、契約者からシュリンクの依頼があった場合、善良な管理者の注意をもって、専用ボックスを開封しシュリンクを行います。

第13条(個品の返還・個品再入庫)
 契約者は、個品登録により登録された個品については、個品の返還をMy Pageを利用して、第8条に準じて依頼することができます。
 2 契約者は前項により出庫(返還)された個品は、元のボックスへ入庫(以下、「個品再入庫」という。)することができます。
3 個品再入庫を行う際は、契約者が自らの負担と責任で倉庫業者まで郵送等により送付するものとします。なお、倉庫業者は契約者が倉庫へ直接訪問し個品再入庫の依頼があっても、これに応じることはできません。
4 運営者及び倉庫業者は、契約者が送付した個品が倉庫に入庫するまで、破損、紛失その他 の運送会社等による瑕疵などについて一切責任を負いません。

       

第4章 利用料金

第14条(利用料金・寄託価額)
 本サービスの利用料金、寄託価額等の契約条件は、別表3に定めるとおりとします。別表3に定める利用料金は、risocoシステム及び倉庫業務を含む本サービスの利用の対価であり、倉庫業務にかかる対価に関して、運営者は、倉庫業者を代理して契約者から受領し、倉庫業者に支払います。
2 別表3に定める利用料金は、契約者に対し通知することにより、変更することがあります。

第15条(料金の支払)
 契約者は、前条に定める本サービスの利用料金等を、登録申請時に運営者が承認したクレジットカードを用いた決済方法又は口座振替決済方法で、運営者に対して支払うものとします。ただし、運営者が承認した場合及び口座振替決済の承認が決済代行会社から未通知の間は、契約者は口座振込みによる方法を用いて、運営者の請求月の月末を期限に、運営者へ支払うことができます。
2 契約者のクレジットカードが失効その他の事情により、前項の決済が不能となった場合、契約者は運営者の指定する方法により、直ちに本サービス利用料金を支払うものとします。
3 前2項の決済不能を運営者が認識した場合は、直ちに契約者に対して支払催告を行います。
4 契約者が支払いを遅滞した時は、契約者は支払いの不足が発生した日の翌日から支払日まで当該債務の残額に対し年利14.6%(1年を365日とする日割計算)の遅延損害金を支払うものとします。

第5章 意思表示

第16条(契約者への通知、催告)
 運営者から契約者に対する、通知、催告及びその他の意思表示は、登録情報に含まれる電子メールアドレス又は住所にあてて行います。これらの意思表示は、契約者のメールサーバーのメールボックスに情報が記録された時点又は通常到達すべき時に契約者に到達したものとみなします。
2 運営者が倉庫業者を代理して、寄託申込書に記載された電子メールアドレス又は住所にあてて、通知その他の意思表示を行った場合は、通常到達すべき時に契約者に到達したものとみなします。
3 前2項の通知、催告を発信したにも関わらず、契約者が登録情報の変更の届け出を怠ったため、通知その他の意思表示が延着し又は到着しなかった場合には、通常到達すべき時に到達したものとみなします。

第6章 当事者の責任

第17条 (禁止事項)
 契約者は本サービスを利用するに当たり、以下の行為を行ってはならないものとします。
(1)寄託を禁止される物品(別表1に掲げるもの)を倉庫業者に寄託する行為
ただし、別表1の2に規定する「希少性・独自性が高いもの。また他に代替のきかないもの」の判断は、契約者の判断により決定し、該当しないとの判断があれば、本サービスを利用できるものとする。
(2)法令もしくは公序良俗に反する行為、又はそのおそれのある行為
(3)他の契約者、第三者又は本サービス提供者の財産、信用、プライバシー、名誉を侵害する又はそのおそれのある行為
(4)本サービスに関連する権利を第三者に譲渡、使用、売買、質入、担保する、又はこれらに類する一切の行為
(5)本サービスの運営を妨害又は本サービスの使用を毀損する行為
(6)1人の人物が複数の会員登録を行う行為
(7)1つの承認情報を複数人で利用する行為
(8)他の契約者、第三者又は運営者になりすまして本サービスを利用する行為
(9)本サービスを通じて有害なコンピュータプログラム等を送信又は他の契約者、第三者が受信可能な状態とする行為
(10)本サービスに接続している他のコンピューター、システム、サーバー等不正アクセスを行う行為又はそのおそれがある行為
(11)前各号に定める行為を助長する行為
(12)前各号のほか、運営者が不適切と判断する行為

第18条(利用停止・料金の未払い・ボックスの処分)
運営者は、契約者が以下の各号の一に該当する場合、当該契約者に対して相当期間を定めたうえ、該当する状態を解消するよう通知いたします。それにもかかわらず、契約者が相当期間経過後も以下の各号の一に該当する場合、運営者は、当該契約者に対してrisocoシステムの全部若しくは一部の利用停止(以下「利用停止等」といいます。)を行うことができるものとします。
(1)契約者登録の際に告知された住所・電話番号・電子メールアドレス等のいずれの事項を用いても契約者と連絡が取れず、契約者の所在が不明になった場合
(2)前条に定める禁止行為を行った場合
(3)本サービスにかかる利用料金の支払いを怠った場合
(4)支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始その他これらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(5)差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
(6)第4条5項に定める契約者登録条件を満たさなくなった、又は満たしていないことが判明した場合
(7)3年間本サービスの利用がなかった場合
(8)その他、運営者が契約者としての登録の継続を適当でないと判断した場合
2 運営者が前項第1号の状態になったことを認識した場合、かつ契約者が運営者への支払いを怠った場合、速やかに運営者は、倉庫業者を代理して、請求書により支払の催告と保管期間の更新の拒絶を予告します。契約者は請求書に記載されている期日までに口座振込みによる方法を用いて運営者に保管料等を支払うものとします。 上記にも関わらず、運営者の過失なくして電子メール、郵便等及び電話で契約者と連絡がとれない場合、又は契約者が請求書に記載されている期日までに口座振込みによる方法を用いて運営者に保管料等の支払いを怠った場合、原則として保管期間の満了と同時に、倉庫業者が契約者に対し解約を申し入れたものとみなし、個別契約は終了します。 なお、運営者の請求書による催告から、個別契約の終了までの間は前項の利用停止等を適用し、倉庫業者はボックスの出庫(返還)は行わないものとします。 保管期間満了後、1か月以上、運営者及び倉庫業者の過失なくして契約者を確知することができない場合又は、保管料等の支払いがない場合は、契約者がボックス(ボックスの中の寄託物を含む。)の所有権を放棄したものとみなし、運営者は倉庫業者に代理して、契約者に予告した上で、公正な第三者を立ち会わせてボックス(ボックスの中の寄託物を含む。)の売却その他の処分をすることができます。なお、運営者及び倉庫業者は、更新拒絶による損害について、賠償の責任を負わず、売却後の取扱いは約款第25条第3項によるものとします。
3 運営者が前項第2号の状態になったことを認識した場合、運営者は、倉庫業者を代理して、保管期間の更新の拒絶を予告します。この場合、保管期間の満了と同時に、倉庫業者が契約者に対し解約を申し入れたものとみなし、個別契約は終了します。その後、運営者は同月までの保管料等を請求書の発行により契約者に通知し、契約者は請求書に記載されている期限までに口座振込みによる方法を用いて運営者に支払うものとします。倉庫業者は入金の確認が行われるまで、契約者のボックスは出庫(返還)せず、入金確認後、着払いにより契約者の指定する住所宛にボックスを出庫(返還)するものとします。なお、運営者は請求書に記載している期日までに契約者から入金がない場合は、運営者は倉庫業者に代理して、契約者に予告した上で、公正な第三者を立ち会わせてボックス(ボックスの中の寄託物を含む。)の売却その他の処分をすることができます。なお、運営者及び倉庫業者は、更新拒絶による損害について、賠償の責任を負わず、売却後の取扱いは約款第25条第3項によるものとします。
  4 運営者が前項第3項に記載する契約者が運営者への支払いを怠った場合、速やかに運営者は、倉庫業者を代理して、請求書により支払の催告と保管期間の更新の拒絶を予告します。契約者は請求書に記載されている期日までに口座振込みによる方法を用いて運営者に保管料等を支払うものとします。上記にも関わらず、契約者が請求書に記載されている期日までに口座振込みによる方法を用いて運営者に保管料等の支払いを怠った場合、原則として保管期間の満了と同時に、倉庫業者が契約者に対し解約を申し入れたものとみなし、個別契約は終了します。保管期間満了後、1か月以上、運営者及び倉庫業者の過失なくして契約者を確知することができない場合、又は保管料等の支払がない場合は、、契約者がボックス(ボックスの中の寄託物を含む。)の所有権を放棄したものとみなし、運営者は倉庫業者に代理して、契約者に予告した上で、公正な第三者を立ち会わせてボックス(ボックスの中の寄託物を含む。)の売却その他の処分をすることができます。なお、運営者及び倉庫業者は、更新拒絶による損害について、賠償の責任を負わず、売却後の取扱いは約款第25条第3項によるものとします。
 5 契約者が第4号又は第5号に該当する場合には、運営者は予め通知することなく利用停止等を行うことができるものとします。利用停止後、倉庫業者は着払いにて契約者にボックスを返還するものとする。
 6 risocoシステムの全部若しくは一部の利用停止をされた方はrisocoシステムの利用はできません。
 7 運営者は、第1項から第4項の規定によりrisocoシステムの全部若しくは一部の利用停止をされた者に対して、その根拠、内容、詳細を開示する義務を負いません。また、利用停止された方は、その結果に対して異議申し立てはできないものとします。
8 運営者は、本条に基づき運営者が行った行為により契約者に生じた損害について、運営者に故意又は重大な過失がある場合を除き一切の責任を負いません。
9 契約者は、運営者所定の方法で運営者に通知することにより、自己の契約者としての登録を抹消することができます。この場合、契約者は登録抹消の通知と同時に出庫申し込みをなしたものとみなし、倉庫業者は、第8条2項(2)の定めに従い、ボックスを運送業者に引き渡します。なお、この場合においては、倉庫業者が運送業者に対し当該ボックスを引き渡すなどして義務を免れ、かつ、契約者による利用料金の支払が完了した時点で利用登録が抹消されるものとします。
10 運営者は、契約者の契約者登録が抹消された場合でも、下記の事由により、登録情報を保持し続けることができるものとします。
(1)問い合わせの対応のため
(2)法令に基づいた個人情報の開示請求に対する調査・回答のため
(3)債権情報として管理するため

第19条(契約者の第三者に対する責任)
 契約者が、本サービスの利用に際して、第三者に対して損害等を与えた場合は、当該契約者は自己の責任と費用において解決するものとし、本サービス提供者には一切迷惑をかけないものとします。

第20条(本サービス提供者の責任)
 本サービスに起因する契約者に対する損害賠償その他の責任は、倉庫業務に関するものについては倉庫業者が、運送業務に関するものについては運送業者が、これを除く事由に関するものについては運営者が負うものとします。
2 運営者又は倉庫業者のいずれかが契約者に対して損害賠償責任を負う場合においても、その賠償責任は、寄託物についての損害の場合には1箱あたり1万円を、それ以外の損害の場合には損害の事由が生じた時点から遡って過去3か月に契約者が現実に支払った本サービスの料金の総額を上限とします。なお、倉庫業者が契約者に対して損害賠償責任を負う場合は、契約者と倉庫業者との協議により損害賠償額を決定するものとします。
3 運送業者が契約者に対して損害賠償責任を負う場合は、運送業者の佐川急便(飛脚宅配便・飛脚ラージサイズ宅配便)約款、又はゆうパック約款に基づき、契約者と運送業者との協議により損害賠償額を決定するものとします。
4 risocoシステムから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトからrisocoシステムへのリンクが提供されている場合でも、運営者又は倉庫業者は、第三者のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して、運営者又は倉庫業者に故意又は重大な過失がある場合を除き、責任を負わないものとします。

第21条 (契約者の利用環境について)
 risocoシステムを利用するために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、契約者の費用と責任において行うものとし、契約者の機器の状態や通信環境設定等によって生じた当該契約者の損害については、運営者又は倉庫業者に故意又は重大な過失がある場合を除き、運営者又は倉庫業者は一切の責任を負いません。

第22条 (契約者の賠償責任)
 契約者は、本規約に違反したことにより又は寄託物の性質若しくは欠陥により本サービス提供者に与えた損害については、賠償の責任を負わなければなりません。

第7章 サービスの停止、中止及び終了

第23条(サービスの停止)
 運営者は、risocoシステムの稼動状態を良好に保つために、次の各号の一に該当する場合、契約者に事前に通知を行うことなくrisocoシステムの提供の全部あるいは一部の運用を停止することができるものとします。
(1)システムの定期保守及び緊急保守のために必要な場合
(2)コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3)地震、火災、停電、地変、戦争、クーデター、内乱、暴動、交通機関の事故、第三者による妨害行為などにより本サービスの履行が困難になった場合
(4)その他、止むを得ずシステムの停止が必要と運営者が判断した場合
2 運営者は、本条に基づき行った措置により契約者に損害が生じた場合でも、運営者に故意又は重大な過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。

第24条(サービスの中止・終了)
 運営者は、2か月の予告期間をもって契約者に通知の上、risocoシステムの提供を中止又は終了することができます。
2 前項の規定によりrisocoシステムの提供を中止又は終了する場合、運営者は、その旨を契約者に通知し、個別契約に基づき契約者が倉庫業者に寄託中の寄託物が存在するときは倉庫業者と協議のうえ、寄託物の取扱いを定めるほか、運営者の費用負担において契約者に返還するものとします。

第8章 その他

第25条(契約者の権利の譲渡禁止)
 契約者は、本サービスに関連する権利を第三者に譲渡、使用、売買、質入、担保にいれ、又はこれらに類する一切の行為を行うことができません。

第26条(権利の帰属及び譲渡)
 本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て運営者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する運営者の知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。
2 運営者は、本サービスにかかる事業を他社又は会社分割等により譲渡(以下「事業譲渡等」といいます。)した場合、事業譲渡等に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに登録情報を事業譲渡等の譲受人に譲渡することができるものとし、契約者はかかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

第27条 (補足事項と契約者の債務等)
 本サービス利用に関して不正行為など本規約に違反する行為があった場合は、契約者登録の抹消ならびに個別契約の解除に限らず、運営者は当該契約者に対して適切な措置をとることができるものとします。

第28条(準拠法及び合意管轄)
 利用契約及び個別契約は日本法に従って成立し、かつ解釈されるものとします。
2 本サービスの利用又は本規約に関する事項について紛争が生じたとき、訴額に応じて大阪地方裁判所又は大阪簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


<別表1>ご利用いただけない物品
1 現金(紙幣・硬貨)、有価証券、クレジットカード、キャッシュカード、印鑑、預金通帳、保険証券などの貴重品
2 希少性・独自性が高いもの。また他に代替のきかないもの
3 貴金属製装身具、宝石、美術品、骨董品、その他の工芸・収集品等の高価な商品若しくは貴重品
4 灯油、ガソリン、ガスボンベ、マッチ、ライター、塗料等の可燃物
5 農薬、劇薬、火薬、毒物、化学薬品、放射性物質等の危険物又は劇物
6 磁気を発し、その他の保管品に影響を与える物品及び磁気テープ、磁気ディスク等、磁気
  の影響を受ける物品
7 高級着物、毛皮コート、毛皮えり巻きその他の毛皮製品
8 食料品、液体の物品等
9 動植物(種子・苗を含む)
10 常温常湿の保管に適さない物品
11 異臭、悪臭その他強い臭気を発する、又は発するおそれのあるもの
12 廃棄物
13 法令により所持を禁止されているもの
14 上記以外で、公序良俗に反するもの


<別表2>預入可能なボックスの条件

次の条件を満たさない寄託物は寄託の引受けができません。

1 サイズ・制限重量・寄託価格の制限

① risoco box
small

サイズ(専用ボックス) 縦320mm×横440mm×高さ210mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


regular
サイズ(専用ボックス) 縦330mm×横400mm×高さ280mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


large
サイズ(専用ボックス) 縦330mm×横450mm×高さ385mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


② risoco books

サイズ(専用ボックス) 縦320mm×横440mm×高さ210mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


③ おもいでミマモルメ

サイズ(専用ボックス) 縦330mm×横400mm×高さ280mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


2 専用ボックスの状態の制限
① 運営者指定の専用ボックスであること
② 穴が空いていないこと
③ 湿気を多く含んでいないこと
④ 明らかに強度が弱くなっていないこと
⑤ 封がきちんとされていること


<別表3>契約条件(利用料金及び寄託価額)

1 寄託物のサイズ、重量、寄託価格は次のとおりとします。

① risoco box
small

サイズ(専用ボックス) 縦320mm×横440mm×高さ210mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


regular
サイズ(専用ボックス) 縦330mm×横400mm×高さ280mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


large
サイズ(専用ボックス) 縦330mm×横450mm×高さ385mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


② risoco books

サイズ(専用ボックス) 縦320mm×横440mm×高さ210mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


③ おもいでミマモルメ

サイズ(専用ボックス) 縦330mm×横400mm×高さ280mm
制限重量(1箱につき) 20kg以下
寄託価額(1箱につき) 10,000円以下


2 寄託物にかかる利用料金(税抜)は次のとおりとします。
Ⅰ risoco box及びrisoco books
① 保管に係る利用料金

月額サービス料(税抜)(1箱につき) ①「risoco box」small・regular
②「risoco books」
              300円
①「risoco box」large
              400円

② その他のサービスに係る利用料金

キット(専用ボックス、送り状等)購入代金(1箱につき)  250円
個品登録料(1箱につき30冊まで)※1  200円
個品登録料(30冊超過分1冊につき)※1   10円
シュリンク料(1箱につき30冊まで)※2  300円
シュリンク料(30冊超過分1冊につき)※2   10円
返還手数料(箱・1箱につき)  800円
(預入月の翌月から1年以上保管の場合は無料)
返還手数料(個品・1冊につき)※3 120円×冊数+300円 ※4 個品再入庫手数料(個品・1冊につき) 70円×冊数 ※5

Ⅱ おもいでミマモルメ
① 保管に係る利用料金等
月額サービス料、キット(専用ボックス、送り状等)購入代金及び返還手数料等の全ての 利用料金を含む。

1年プラン(1箱) 3,250円(1回目契約更新以降 3,000円)
3年プラン(1箱) 6,500円(1回目契約更新以降 6,250円)

② 電磁的記録変換サービス

CD制作(1箱) 1,500円
フォトブック制作(1箱) 3,000円 (写真30枚まで)

2 本サービスにかかる利用料金の支払いについては以下のとおりとします。
Ⅰ risoco box及びrisoco books
 契約者は、月額サービス料と当月のキット購入代金、個品登録料、シュリンク料、返還手数料、その他料金をクレジットカード会社の契約者規約、又は運営者が指定する口座振込みの方法に基づき一括して支払うものとします。なお、月額サービス料とは、次の①から③の合計額とします。
① 当月末箱数に応じた翌月の月額サービス料
② 当月中に新たに預入れがあった箱に関する、倉庫に入庫した日を起算日とした月末までの日割りによる月額サービス料 。なお、日割りによる計算は、次のとおり行う。
箱の保管に係る月額利用料金÷入庫月の日数=1日当たりの利用料金(四捨五入)
1日当たりの利用料金×倉庫に入庫した日を起算日とした月末までの日数 =日割りによる月額サービス料 
※ただし、当該ボックスの1か月の利用料金を上限とする。
③ 当月中に新たに預入れがあり、かつ、当月中に返還があった箱に関する、倉庫に入庫した日を起算日とした月末までの日割りによる月額サービス料 。
日割りによる計算は、次のとおり行う。
箱の保管に係る月額利用料金÷入庫月の日数=1日当たりの利用料金(四捨五入)
1日当たりの利用料金×倉庫に入庫した日を起算日とした月末までの日数 =日割りによる月額サービス料
※ただし、当該ボックスの1か月の利用料金を上限とする。
なお、前月からの保管継続分で、当月中に返還があった場合は、サービス料の日割り清算は行わず、1か月分のサービス料が発生します。

Ⅱ おもいでミマモルメ

契約者は、おもいでミマモルメの保管に係る利用料金及び電磁的記録変換サービス料金をクレジットカード会社の契約者規約、又は運営者が指定する口座振り込みの方法に基づき一括して支払うものとします。

契約期間は契約者が申し込んだ日を起算日として、1年パックは起算日の翌年同日の1日前(閏年の2月29日が起算日の場合は翌年の2月28日まで)、3年パックは起算日の3年後の同日の1日前(閏年の2月29日が起算日の場合は起算日の3年後の2月28日まで)とします。

2 1年プラン、3年プランとも、契約者による契約途中でのボックスの取り出しは可能ですが、残期間の保管に係る料金等の返金はいたしません。

3 運営者は契約期間満了の約1か月前に、契約者に対し、契約期間満了の通知を契約者が登録する電子メールアドレス及び住所に、電子メール及び郵送にて通知をします。

4 前項の通知後も契約者による当該ボックスの取り出し依頼がなく、契約期間満了日を過ぎた場合は、自動更新がなされたものとし、契約者は保管に係る利用料金をクレジットカード会社の契約者規約、又は運営者が指定する口座振り込みの方法に基づき一括して支払うものとします。以降も同様の取扱いとします。


3 寄託物にかかる利用料金の前提条件については以下のとおりとします。
① 運営者より、運営者所定の方法で運営者所定の専用ボックス等の梱包資材を契約者の負担で予めご購入頂き、当該梱包資材に収納のうえ、運送業者を通して倉庫会社に寄託して頂きます。
② 「※1」の個品登録は、「risoco books」の利用を申し込まれた場合に必要となります。
③ 「※1」の個品登録は、ISBNコード又は雑誌コードを登録します。当該番号の記載がない場合や判定ができない場合は、本の名称・著者名等を登録しますが、特殊文字等、記載内容の判別ができない場合、登録ができません。
④ 「※2」のシュリンクは、「risoco books」の利用を申し込まれた場合のオプションとなります。
⑤ シュリンクは、1冊当たりA3サイズで厚さ50mmまでのサイズとなります。
⑥ 「※3」の個品返還は、「※1」の個品登録が完了し、特定ができるものが対象となります。
⑦ 上記の個品返還時、返還用のボックスに収納してお届け致します。返還用ボックス等の梱包資材の料金は無償です。1冊あたり120円と300円の合計額が返還手数料となります(※4)。
⑧ 「※5」の個品再入庫手数料は倉庫でのボックスへの再入庫の際の手数料です。倉庫への送料は含んでおりません。倉庫へは郵便、宅配便等でお客様ご自身のご負担と世金でお送りください。
⑨ 本サービスは、ボックスの再入庫の手続きができません。契約者が再入庫を希望する場合は改めてキットを購入のうえ、入庫手続きを申し込むものとします。
⑩ 上記の電磁的記録変換サービスは、おもいでミマモルメを利用する契約者のみが利用できます。

附則
2015年 2月22日 制定・施行
2015年12月 4日 改訂
2016年 4月25日 改訂
2016年12月21日 改訂
2017年 3月29日 改訂
2017年 6月15日 改訂